札幌すすきのと東京歌舞伎町の風俗の違いは?

風俗の街というイメージが強いというとどこ?と質問すると、大体の人が、歌舞伎町かすすきのと答える人が多いのです。

確かにどちらも、昼間の街の顔と夜の街の顔が違い、夜は、ネオンが煌々と灯り、店先には、お客を呼び込む男性従業員の姿が目立ちます。

すすきのの場合、出稼ぎ労働者の遊び場として人工的に作られた街ですが、今では、札幌に行くと、すすきのでしょう!という程、風俗としてのイメージが定着しましたし、料理の方もとても美味しいお店が多いということで、グルメガイドにもよく載る程です。

飲食店も多いのですが、どちらも飲食店は4000店程で、しかし、札幌すすきのは、不景気でここ数年閉店しているお店も多く、面積率からしても、歌舞伎町の方が大きいです。

土地柄的にも、歌舞伎町は枝分かれした路地裏が多いので、夜は危険エリアとされて、治安も悪いのですが、すすきのは、ほとんどが大通りで広い道路を面してのお店となっている為、危険で、治安が悪いというイメージはあまり無く、あまり危険を感じないので、初心者でも終始リラックスムードで楽しむことが出来るのです。

又、歌舞伎町は他にも映画館や病院と言った娯楽施設や医療施設等も多く点在しているのに対し、すすきのは、風俗や飲食店の他には何も無いと言っても過言ではなく、そこが大きな違いと言えます。

東京の風俗取り締まりは厳しくなり、派手なネオンの風俗店が減少している中で、すすきのは派手なお店が多く、そこが又、観光客呼び込みの目玉となっているようです。