札幌の風俗店での安いソープ店が多い理由

ソープというと、本番OKの風俗店ですが、最近では取り締まりも多く、減少傾向にあります。

しかし、札幌のすすきのでは、一部の地域では、風俗店がひしめき合っている程有名であり、中でもソープが安いという噂をよく耳にします。

日本全国的に考えると、風紀的にもあまり良くないし、衛生面においても良く思われないので、時代とともに減少していっているというのは分からなくもないのですが、ここではまだまだ昔ながらのソープ店が残っていて、昔からソープを利用しているという人にとっては、何とも愛着のある懐かしい感じでもあります。

何とその数、30店舗以上で、都市部でもそれだけの数が密集していることはあまり無いので、大規模なソープ街と言えるでしょう。

ただし、首都圏のような超高級ソープ店と言うのは無く、ごくごく庶民的なお店なのですが、それが逆に親密感を感じて、旅先でホッとできるということで、人気が高いようです。

高級店では当たり前のサービス展開も、安いので、サービスが悪くても仕方ないやと考えるようになり、それが意外にも感じのいい子ばかりで、逆に良かったという結果オーライの意見も多いので、何よりも大切なのは、技術力よりも、素朴な何気ない会話、それがかえって、自然であり、疲れないと、お客様の間でも話題になってくるのです。

そもそも、男女の脳は違うので、会話は重要ですよね!

◇参考記事:男女の脳は全然違う! 互いに「は!?なんで?」と感じる、よくあるすれ違い3選 – LAURIER (ローリエ)(1/2)